あけましておめでとうございます-待合室のご紹介

新年おめでとうございます。今年も早稲田自動車学園をどうぞよろしくお願いいたします。
前回は、本校の校舎について全体像のお話をさせていただきました。今回はその1階の待合室についてご紹介させていただきます。
あけましておめでとうございます-待合室のご紹介_e0005690_10124659.jpg
実は早稲田には待合室と呼べるものが大小合わせれば4個所ございます。ここはその中でも建物1階中央部に設置されたメインの待合室で、コ-スと教習車発着場に面した側が全面ガラス張りになっているため、場内教習の様子が中でお待ちいただきながら手にとるようにわかります。東側の方向に面していますので午前中は明るい陽差しを浴び、午後になるとまぶしい西日を快適にシャットアウトします。
あけましておめでとうございます-待合室のご紹介_e0005690_10131133.jpg
内部をご覧いただきます。あちらのドアの向こうにはビルトイン発着場の教習車が見えています。つまり、ここから雨などに関係なく直接乗れる構造になっているわけです。もちろんのこと冷暖房は完備いたしておりますので、オ-ルシ-ズンこの中は快適です。寒い季節も暑い季節も採光に優れたこの部屋で快適な待ち時間をお過ごしください。
また、他にも、自動販売機の設置されている部屋や、インターネット学科学習システムの設置されている自習室、喫煙も可能な部屋などいろいろな場所を設けており、すべて冷暖房完備でございます。こちらもご自由にご利用ください。

★追記:そろそろ高校を卒業される生徒様をお迎えする季節となりました。当学園は万全の態勢で皆様をお待ち申し上げております。ぜひ早稲田で免許をご取得ください。

# by waseda-jblog | 2006-01-15 01:15  

校舎のご紹介

校舎のご紹介_e0005690_13383629.jpg
建物の全体をカメラいっぱいに収めてみました。敷地の西側のほぼ端から端までなんとすべてが校舎です。学園の誇るべき特徴は数々ございますが、その中でもこれは特筆すべきことの一つです。
そもそも各自動車学校は自校の校舎の面積を公開しておりませんので断定的なことは申せませんが、これはおそらく最大級の建物であろうと思います。
ホームページの設備・教習環境の項でもご説明しているように、数年前までの早稲田の建物は敷地入口側(左側)の本館だけでございました。それでも現在と同じくらいの数の生徒様の学科教習は充分行えていたのですが、教習車の発着場(右側)を単なる屋根付きではなく快適なビルトイン駐車場とする計画にあわせて教室設備の増強をも同時に図ったのが新館の増築でした。
無くてもそれなりに間に合っていたのになぜ新館なのか…それはひとえに教習の質のためです。これだけのゆったりとした面積を確保しておりますので、冬休みや春・夏休みなど教習所が混む季節でも寿司詰め状態になることはありません。早稲田は教習の質に徹底的にこだわっている学校と自負しておりますが、ゆとりある校舎環境というのもその質の大きな要素であろうと考えています。ビルトインとなった全天候型発着場もまた、快適さという質を提供しているものです。
大きいことには理由(わけ)があるのです。
校舎のご紹介_e0005690_14105668.jpg
ホームページのトップページの校舎の写真は、うさかめの看板も校舎もすべてを画面に収めました。今回のブログの最初の写真も同じく校舎全部を収めたため遠目に見た感じになって、画面ではその大きさがいまひとつ実感できないかもしれません。というわけでこれはもう少し迫力を出すためにトップページの雰囲気のまま少し寄ってみた写真です。本当はこの左にも上にも建物はあるわけですがそれは置いておいて、写っている1階の左から託児室/自転車・バイク置き場/待合室/そして教習車発着場となっていて、2階より上が教室や事務室、そして、学校らしいアイテムである時計とスピーカーも左上に写っています。現在午後2時50分で6時限目の教習の真っ只中ですので発着場は当然ながら空っぽです。
写真というものは撮影の条件によって大きくも小さくも見えたりする要素がございます。実際に早稲田を見ていただければその大きさを実感していただけると思います。

ところで、学園はおかげさまで本年で45周年を迎えましたが、現在の本館は創立以来のものというわけでは当然ございません。最初の校舎は道路沿いつまり現在の坂道コースの位置にあって、しばらくはずっとそれを使っておりました。というわけで、実は本館も結構新しいのです(これを新館と言って新館を増築館と言ってもいいくらいです)。
校舎のご紹介_e0005690_14292390.jpg
本日の最後は新館側から午後3時20分の7時限目の開始の様子をご紹介します。全天候型ビルトイン発着場からいままさにコースに出てゆくところです。

# by waseda-jblog | 2005-12-03 15:00  

広電井口駅のご紹介

広電井口駅のご紹介_e0005690_10303986.jpg
お待たせしました…本当にお待たせしました!これまでのブログで新井口・商工センター入口複合駅を先にご紹介してきたのですが、ついに学園に距離的に一番近い駅の登場です。
宮島方面から広電でおいでいただく生徒様はここ井口駅が最も重要な駅となります。写真には上り電車…そしてその右に写っている車の向こうに学園が見えています。
この駅は、本当にまったく普通の広電の駅で、上り下りともホーム以外のものはありません。
アルパークからも離れてしまいますが、本来の通学だけの日はそれで充分でもあります。
広電井口駅のご紹介_e0005690_1031161.jpg
初回のブログで新井口駅ホームの端から見える学園の姿をご紹介しましたので、こんどは同じくこの駅のホームの端から学園を見てみました。どちらからでも白い建物と青い学園のロゴ、そしてうさかめの看板が見えるようになっています。そしてなんと…右の電柱群の間に…うっすら遠く過去3回のブログの主役であった新井口・商工センター入口駅の建物が横長に見えています。
息を止めたまま行けるのじゃないかと思いたくなるくらい距離的には近くても、並走するJR線を含めた遮断機待ちをすることがありますので、学園までの所要時間は、遮断機も信号待ちもない新井口・商工センター入口駅からのノンストップな経路とほぼ同等の約5分程度を念のため見込んでおいていただければそれこそ充分なゆとりがあろうかと思われます。

さきほど普通の駅とは申しましたが、学園と生徒様にとっては最寄り駅という特別な存在であります。そういうわけで、この駅の学園の広告看板は上り下りあわせてなんと5ヶ所もあります。今回はそのうちのひとつ、国道2号線に面した看板とお帰りの電車、そして車の向こうに上りホームと学園という構図の写真で終わりにさせていただきます。
広電井口駅のご紹介_e0005690_10312356.jpg

# by waseda-jblog | 2005-10-31 19:30